« 「日本政府は債務超過なのに、なんで日本の金利はあがらないの?」と子供に聞かれた場合の回答例(案) | HOME | 実務的な対応をさせて頂きました。 »

2015年03月20日

外国人を雇用します。

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3月2日に行われた、AAA社の会社説明会に来てくださった方は約60人でした。

この方々に、「出資に興味がありますか?」

とアンケートをとらせて頂いたところ、30人の方から「興味あり」との回答を得ました。

30人の方々には、4月に入ってから個別にメールにてご案内いたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、老人ホームを買って売ってみて、イロイロ分かったことがあります。
 
 
1.最終的にREIT(不動産投資信託)などという「出口」があるものは投資しても安心感が高い。

2.なぜなら、REITが買う相場が分かっていれば、その価格以下で仕込めばいいから。

3.どうせなら、開発からやった方が、利益の一気通貫ができる!

4.さらに、REITもやっちゃえば、半永久的にチューチューできる。
 
 
 
そこで、AAA社(のような会社)と組んで、

・老人ホームを開発し(てもらい)
・それを買い上げ
・稼働を上げて
・自分たちが作った(私募)REITに移していく。
・そして、そのREITのAM(アセットマネージャー)としてお守りをさせて頂く。

というステキな作戦を考えました。
 
 
私が関与させて頂いている上場企業や、大口の投資家と組んで、
この方向でビジネス展開を模索していこうと考えています。
 
 
この作戦遂行上、トテモ大事な機能は、「ブリッジ・ファイナンス」です。

・開発資金の足らず米
・運用段階のメザニン・エクイティ

を出す機能がないと、この作戦は遂行できません。

そこで、maneoの出番です。

そして、第二のmaneoも作っていく。
ワクワクします。
 
 
 
 
 
こう考えてみたら、

・太陽光、
・地熱、
・小水力、
・バイオマス

などのエネルギー関連投資も、同じだと気づきました。
 
 
この分野は、特に利益が大きいにもかかわらず、ブリッジ・ファイナンスがありません。
グレーな皆様が荒稼ぎされています。

よっしゃ、第三のmaneoは、エネルギー関連だ。

もうすぐインフラREITもオープンするだろうし。
すでに外国の大口が買い漁っているし。
 
 
 
ん?

目利き+ファイナンス → これがいいんじゃん!

ということは、

各実業界の目利き+第○のmaneo → 儲かる+お金が行き渡り活性化
 
 
という方程式の存在が見えてきました。
 
 
これは面白くなりますね。

海外もやりたいし。

外国人を雇用します。
 
 
 
 
 
 
 
--------------------------------------------------
本メルマガ(ブログ)では、maneoのソーシャルレンディングに対する投資の広告を行う場合がございます。
maneoのサイト(https://www.maneo.jp/)におきまして、当該広告にかかる各案件のローン詳細並びにリスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。
ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資に際しましては借入人の債務不履行により、元本に欠損が生じる恐れがあります。
ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資の際には、maneoサイトにおいて表示しております「重要事項説明書」及び「契約締結前交付書面」等の内容を十分にご確認頂いたうえで、お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

[maneo株式会社]
 貸金業登録番号:東京都知事 (3) 第30795号
 日本貸金業協会会員:第001935号
[maneoマーケット株式会社]
 金融商品取引業登録番号:関東財務局長(金商)第2011号
--------------------------------------------------



Copyright (C) 2013 TakimotoKenji. All Rights Reserved / Powered by Genius Web