« ロジコムグループとの合作事業 | HOME | LC LENDING 始動します! »

2015年06月11日

maneo の決算をアップしました。

 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●3千万円〜5千万円くらいのバックフォーと呼ばれる重機(俗称;ユンボ)を買おうと思っています(日立かコマツ)。
 現在、ある販売会社と話しているのですが、相見積もりをしたく、安い販社をご存知でしたら是非ご紹介ください。
 
 
●maneoの決算情報をアップしました。
 https://www.maneo.jp/apl/aboutus?page=ir

 前期(2015年3月期)は、

 売上高  605百万円(←融資の受取利息総額)
 売上原価 359百万円(←投資家への配当など)
 営業利益 122百万円
 税引前利益 123百万円
 当期純利益 115百万円

 総資産  8,554百万円
 純資産  358百万円

 となりました(ほぼ計画通りでした)。

 投資家の皆様に支えられてこうした数字を計上することができました。
 心より御礼申し上げます。

 maneoは匿名組合出資を受けて事業をさせて頂いており、
 スキーム上、事業リスクは投資家に負って頂いているカタチです。
 従い、maneo自体の倒産リスクはかなり少なくなったのではないかと感じています。

 maneoに対して興味を示す大企業さんともコンタクトさせて頂いております。
 今後ともがんばります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
 
 
 
 
 
ロジコム社(8938)の株価が上昇しています。
前回のメルマガ(ブログ)の時点から40%程度も値上がりしました。スゴイですね。
 
 
今後、LCレンディング(http://www.lclending.co.jp/)などが稼働してくれば、
LCレンディングの投資家もロジコム株に注目するでしょうから、株主数は増えるんじゃないかと思います。

 今まで、IRをしてこなかったロジコム社の本荘社長も今期は積極的にIRするそうですし・・・。
 雑誌にも取り上げられるでしょうね。
 
 
 
 
あまり注目されていない銘柄(株式)は、
ちょっと注目されるだけで株価が跳ねることがあります。
 
 
私は他の上場企業とも取引などで関係しているので、そうした会社の株価もチェックしています。

振り返ってみると、株価が跳ねるときというのは、
・雑誌に取り上げられたり、
・計画よりも良い業績が発表されたり、
・何かしらのニュースが広まったり、
したときです。

過去の株価の推移を見ていると、こうしたことで株価が動きます。
 
 
株価は、企業の実態を離れて「人気投票」的な要素で株価が決まるところがありますよね。
 
 
私はロジコム子会社の社外取締役という関係ですから、ロジコム社の株が上がるとも下がるとも言えませんし、
株価についての発言は控えなければなりません。
 
 
ただ、私はロジコム社の人気が出て、株価が上がって、資本市場における資金調達面でよい結果を出して欲しいと願っています。
そういう意味では、ロジコム社のIRに協力して、株主の皆様から公正な価値評価を受けることについて努力しようと考えています。

ロジコム社は不動産関連ですし、不動産と金融は密接な関係がありますから、いろいろ協業できればいいなと思います。


ロジコム社は、IRにもありますが、将来的にはREITの創設を視野に入れています。 

開発からREITまでの一気通貫のファイナンスを実現し、
様々な会社との「連携・協業」でナイスなパワーを発揮したいと考えています。

今後ともご支援のほど、なにとぞよろしくお願い致します。
 


--------------------------------------------------
本メルマガ(ブログ)では、
maneoやLCレンディングなど、ソーシャルレンディングに対する投資の広告を行う場合がございます。

各サイト(https://www.maneo.jp/ http://www.lclending.co.jp/)
におきまして、当該広告にかかる各案件のローン詳細並びにリスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資に際しましては
借入人の債務不履行により、元本に欠損が生じる恐れがあります。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資の際には、各サイトにおいて表示しております「重要事項説明書」及び「契約締結前交付書面」等の内容を十分にご確認頂いたうえで、お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

[maneoマーケット株式会社]
 金融商品取引業登録番号:関東財務局長(金商)第2011号
--------------------------------------------------



Copyright (C) 2013 TakimotoKenji. All Rights Reserved / Powered by Genius Web