« 『あと5年で銀行は半分以下になる』 | HOME | LCホールディングス グループの発展をお祈りしています。 »

2017年06月09日

タイに行って、ゴムの木について勉強しました。

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
インフレになるのはいつ頃か?金利はいつ上がるのか?勉強しました。

【お金とは何か?インフレになるのは何時か?】三橋貴明氏に教わる 第8回
https://youtu.be/W0MTcEEJ1e8
 
 
 
 
 
 
「銀行が半分以下になる」
という予言者にいろいろ教わりました。

地銀の株は、買いなのか?売りなのか?

【お金とは何か?5年後に地方銀行は半分以下に?】渡邉哲也氏に教わる 第1回
https://youtu.be/oUyu93zqSJQ
 
 
日本国債を買えずに、外債を買ってしまった地銀は損失リスクが高くなっています。
貸出しを増やすために金融庁も監督・検査のあり方を抜本的に見直すとのこと。

バンカーの居なくなった地銀は、今後どうなるのでしょうね?
 
 
 
私たち、庶民を豊かにする経済政策とは何か?
をマジメに考えています。ぜひ、チャンネル登録をお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
 
 
 
タイに出張してきました。

目的は、

1.グリーンインフラレンディングが資金募集しているバイオマス案件の木材ペレット供給元とのJV契約に立ち会うこと。

2.その他、現地の有力者(国会議員、フィクサー)との面談や、林野庁(的な役所)、政府系大手企業(材料調達保証社)との面談に立ち会うこと。

3.タイ各地の供給元の山の中の現場視察。

4.日本政府系の金融機関の駐在事務所との面談に同席、というものでした。
 
 
木質バイオマス燃料というと、
パーム椰子殻などが想起されるのですが、今回は、ゴムの木が対象です。

ゴムの木は、20年くらい経つと、もうゴムが取れない古木となります。

古木は、伐採して建築材料などとして利用されるのですが、
利用できる部分はその30%程度で、残りはゴミとして燃やされます。

そのゴムの古木を有効活用できないか?
というタイ側から日本側への打診がこの話のスタートで、3年前でした。

要は、タイ政府筋が日本政府筋にゴムの古木を利用できないか?と打診したのです。

ゴムの木は(車のタイヤなどへの)供給が過剰になっており、
どんどん伐って処分し、新しくアカシアなどの植林に切り替えたいというタイ側の思惑もあるようです。
 
 
 
ちょうど、
日本では電力のFIT制度(固定価格買取制度)が始まっており、
太陽光パネルが有名ですが、木質バイオマスも対象です。

電力会社による、20年間の固定価格での買取がなされますので、燃やす材料の供給が上手くいけば、火力発電所の事業として十分に成り立ちます。

木質バイオマス発電事業には、木が必要なのですが、日本国内材ではコストが合わず、
タイやインドネシアその他からの輸入をすることが必要なのですが、供給元を抑えることが何よりも大事です(利は元にありですね)。

あとは、
日本の地方公共団体から工業団地を借りたり、港を抑えたり、
電力会社との取り組みが大事です。

今回の事業(日本側)は、
日本の大手電力会社、タイの大企業、日本の地方公共団体、日本のインフラ系会社
からの出資が予定されており、メガバンクからの借り入れもラインに乗っています。

私もある日本の政令指定都市の首長との面談に先日、立ち会わせていただきましたが、首長も協力してくれている事業だと確認しました。

原子力以外の火力発電所として、カーボンニュートラルな環境事業、
しかも日本沿海部の20か所で計画していますので、地方創生事業でもあるのです。

先日、タイ国政府の要人が来日しましたが、
この政府間協議にも本事業がメモとして日本側・タイ側に上がっていたようです(話し合われたかはわかりませんが)。

壮大な事業に関与されているグリーンインフラレンディング。
maneoマーケットの代表者として事業の進捗を確認させていただきました。
 
 
参考までに、現地でニュースとなっていますので、リンクを貼ります。
https://manager.co.th/South/ViewNews.aspx?NewsID=9600000056789
 
 
 
ゴムの木は硬く、樹脂も燃焼には邪魔なんでしょうが、
その辺は臨機応変な火力発電の設計で何とかなるようです。
 
 
 
 
 
★募集利回りの高いものはハイリスク・ハイリターンである、とのご認識をお願いします。

★現在、maneoで募集中の【第2弾】成立ローン総額700億円突破記念ローンファンド は、個人的にお勧めです。2か月と、短い運用期間になる予定ですが…。
 
 
 
 
 
 
 
--------------------------------------------------
本メルマガ(ブログ)では、
maneoやLCレンディング、ガイアファンディング、クラウドリース、スマートレンド、アメリカンファンディング、グリーンインフラレンディング、さくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス、アップルバンクなど、
ソーシャルレンディングに対する投資の広告を行う場合がございます。

各サイト
(https://www.maneo.jp/ https://www.lclending.jp/ https://www.gaiafunding.jp/ https://www.crowdlease.jp/ https://www.smartlend.jp/ https://www.americanfunding.jp/ https://www.greeninfra.jp/ https://www.sociallending.co.jp/ https://www.cf-finance.jp/ https://www.applebank.jp/ )

におきまして、当該広告にかかる各案件のローン詳細並びにリスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資に際しましては
借入人の債務不履行により、元本に欠損が生じる恐れがあります。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資の際には、各サイトにおいて表示しております「重要事項説明書」及び「契約締結前交付書面」等の内容を十分にご確認頂いたうえで、お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

[maneoマーケット株式会社]
 金融商品取引業登録番号:関東財務局長(金商)第2011号
--------------------------------------------------



Copyright (C) 2013 TakimotoKenji. All Rights Reserved / Powered by Genius Web