« 前期決算の概要です。 | HOME | 頭が良い人は、金持ちになれない。 »

2017年07月19日

米ドルお持ちですか?

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
アメリカンファンディング さんが一周年を迎えました。
取材をしてきました。
https://youtu.be/tzf6paZXRv0

アメリカ、調子いいみたいです。
 
 
 
 
【お金とは何か?お金とは●●●●です!】三橋貴明氏に教わる 第10回
https://youtu.be/73Uj7uGAbH4

このシリーズの最終回です。
三橋さんのおかげで、おカネが何か、判りました!
 
 
 
前回のメルマガでご紹介した 借地権付き建物は、多くのお問い合わせをいただき、今週契約の運びとなりました。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
 
 
 
米ドル建ての運用を始めようかと考えています。
米ドルをお預かりして、運用し、米ドルで配当するというものです。

米ドルをお持ちで、興味ある方が居たら、お気軽に私にメールください。
最低10万ドルからと考えております。
 
 
 
 
三橋さんとの動画でも、少し教えていただきましたが、

2016年時点で、

・日本の防衛費は、
 461億ドル(5兆円程度)。この20年間増えていない。GDPの1%。
・中国の軍事費は、
 2,152億ドル(日本の約4倍)。この20年間で約7倍。GDPの1.9%。

となっているそうです。
(数字は、色々な見方があるので、正確ではないかもしれませんが、大きくは間違っていないと思います。)
 
 
ここから先の20年後、中国の軍事費は日本の20倍の規模になるかもしれません。

今は、「尖閣諸島」がどうのと言っていますが、
20年後は「本州」を取られているかもしれませんね(泣)。

考えたくないけど、
日本のGDPが大して伸びなかったら、あり得る現実かと感じます。

三橋さんは、そうならない様に、
言論活動を「激しく」行ってくれている憂国の志士だと思います。
 
 
・アメリカの軍事費は、
 6,112億ドル(中国の2.8倍)。この20年間で2倍。GDPの3.3%です。

まだ、アメリカの軍事力が突出しているので、何とかなっていますが、
20年後の軍事パワーバランスを想像すると、…です。
 
 
 
資産運用の観点でこれを見ると、
日本円の運用だけだと不安になる方も多いかと思います。

・大きな軍事力に支えられた基軸通貨である、米ドルでの運用、
・地政学的に戦争の起きにくい、オーストラリアドルでの運用、

も考えなくてはならないかもしれません。
アメリカの景気は今後も良さそうだし。
 
 
今までは、ガイアファンディング・アメリカンファンディングを通じて、
米国での運用を「円建て」で紹介してきましたが、為替ヘッジコストが高く、
米ドル建ての運用を考え始めています。

米ドルをお持ちで、そのまま運用したい方が居たら、お気軽に私にメールください。
現在、そういう方がどの位いらっしゃるかを探りたいのです。

よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
来年度の防衛予算の要求が5兆円を超えて過去最高だ!とか怒っている人もいるみたいですが、
・中国の将来「野望」と
・中国の軍事費の伸び
・朝鮮半島の状況

を考えたら、5兆円でも少なすぎるのではないでしょうか。
日本列島を 丸ごと引っ越し できるものならしたいですね。

政府はGDPを600兆円にすると言っています。
防衛費がGDPの1%のままだったら、GDP600兆円を達成できても、防衛費6兆円です。

我々の独立を守るためにも経済成長しなければならないのに…。

もちろん、誰だって防衛費を増やすんじゃなくて、社会保障費を増やしたい。
でも、イロイロなバランスがあって…。
今こそ国債発行して良い時なのに…。

そんなこと、動画で話しています。

僕らの代わりに「激しく」言論活動をしてくれている、三橋さんの動画をクリックすると、
三橋パワーが増しますので、ワンクリック←ココ お願いします。
 
 
 
 
 
 
LCレンディング山中社長に聞く 第1回
https://youtu.be/c4ku83_i-ws
 
 
LCホールディングスに行ってきました
https://youtu.be/9OrsrXw605c
 
 
 
 
 
--------------------------------------------------
本メルマガ(ブログ)では、
maneoやLCレンディング、ガイアファンディング、クラウドリース、スマートレンド、アメリカンファンディング、グリーンインフラレンディング、さくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス、アップルバンクなど、
ソーシャルレンディングに対する投資の広告を行う場合がございます。

各サイトにおきまして、当該広告にかかる各案件のローン詳細並びにリスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資に際しましては
借入人の債務不履行により、元本に欠損が生じる恐れがあります。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資の際には、各サイトにおいて表示しております「重要事項説明書」及び「契約締結前交付書面」等の内容を十分にご確認頂いたうえで、お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

[maneoマーケット株式会社]
 金融商品取引業登録番号:関東財務局長(金商)第2011号
--------------------------------------------------



Copyright (C) 2013 TakimotoKenji. All Rights Reserved / Powered by Genius Web