« 米ドルお持ちですか? | HOME | 匿名組合出資で200億円、突破しました。 »

2017年07月25日

頭が良い人は、金持ちになれない。

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さくらソーシャルレンディング さんを取材してきました。
https://youtu.be/atOPz2_0VmQ

順調のようです。
 
 
 
 
 
当社の久保田さんが、動画を配信し始めました。
https://youtu.be/bcEPNe0i9-k

案件を分かりやすく説明しようという試みです。
見てやってください。
 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頭が良い人は、金持ちになれない。
 
 
 
 
 

私はこう考えています。

なぜ私がこう考えているか、説明します。

私が29歳の時に、ある研修で、多数の中小企業のオーナー経営者と知り合うようになりました。
彼らと付き合っているうちに、
「なぜ、こんなに頭の悪い人が、こんなに儲かっているんだろう?」
という疑問が浮かんで来ました。

もちろん、彼らは「学問的に無知」なだけで、社会を生き抜く知恵はあるわけですが、
その頃の私は、まだ頭デッカチなところがあり、一般常識を欠く彼らを「運が強く、金儲けの上手いバカ」と評していました。
 
 
ある日、分析力のある人に、
「中小企業のオーナー経営者は、バカな人が多い。なぜ、そんなに頭の悪い人が、儲かっているのだろうか?」
と聞いてみたところ、的を射た答えが返ってきました。
 
 
「瀧本さん、ここに白線があるとするよね。」と言って、分析力のある人は、両手を肩幅くらいに広げました。

「この白線の上を、歩ける?」と聞いてきました。

私は、
「酔っぱらってなかったら、歩けるし、走れますね。」と答えました。

分析力のある人は、「歩けるよね。じゃぁ、その白線の外側が、断崖絶壁だったらどう?」と言ったのです。
 
 
 
私は、「なるほど〜。そうか!」と納得しました。
頭の良い人というのは、リスクを見る力が強いので、白線の外側の断崖絶壁を見る。
幅50cmの白線の外側が断崖絶壁だったら、怖くて足がすくんで歩けない。

でも、どうせ歩くなら、断崖絶壁なんて見えない方が良い。
まったく断崖絶壁が見えなかったら自信満々で全速力できる。

分析力のある人は、こう教えてくれたのです。
 
 
 
 
 
学校というのは、誤字を見つけさせたり、文法の間違いを正させたり、遵法精神を植え付けたり、
「リスクを見る」訓練を施すところ、とも言えるかもしれません。

そして大きく見れば、学校はサラリーマンや役人をつくるところではないでしょうか。
なぜなら、大量の人間がサラリーマンや役人にとして社会に送り出されるわけですから。
 
 
 
中小企業の創業オーナー経営者というのは、学校で上手くいかなかった人が多い。
彼らは、普通のレールを外れた人だから、生きていくために何かをやらざるを得ない。
そういう切迫感もあって、白線を歩いて、やがて走る人になる。

ということではないでしょうか?
 
 
中小企業の創業オーナー経営者は、公私ともに金持ちになる。
学校で、頭が良い とされる人々は、サラリーマンか役人になる。そして、金持ちにはならない。

という構造かな?なんて感じています。
 
 
 
 
 
 
ウチの会社を見ても、頭の良い営業マンよりも、バカっぽい営業マンの方が稼ぐ。
それは、「可能性」を見てとにかく行動しまくるからだと、私は彼らを見て思います。

パチンコ玉のように、とにかく何回も行動すると、ひょんなきっかけで大当たりを引くんです。

出来ない理由を考えるのではなく、出来ることから行動する。
 
 
そんな感じだと思います。
 
 
管理部隊(総務・経理・財務・人事・システム)には、違う人種が居ます。
ココは、バカでは困る部署です。
 
 
 
 
どんなに品質が高いモノ・サービスも、うまくアピールしなければ売れるわけがない。
だから、アピールする部隊(営業・マーケティング)が無ければ、仕事は始まらない。

仕事がなければ、管理部隊の頭の良さは、宝の持ち腐れになる。
 
 
 
社長はちょっとバカな方が良い。
優秀な側近に支えられることのできる社長。

なんて、最近、よく考えています。

皆さんはどんな風に感じておられますか?
もしよかったら、返信にて教えてくだされば幸いです。
 
 
 
 
 
 
以上書いたことは、個人資産100億円まで位の話で、それを超える、1千億円規模の大金持ちの人とは付き合いがありませんので、まだ研究していません。
今後、そうした層との付き合いが深まっていけば、また違う考えになるかもしれません。
そしたらまた、報告します(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
アメリカンファンディング さんが一周年を迎えました。
取材をしてきました。
https://youtu.be/tzf6paZXRv0

アメリカ、調子いいみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
LCレンディング山中社長に聞く 第1回
https://youtu.be/c4ku83_i-ws
 
 
LCホールディングスに行ってきました
https://youtu.be/9OrsrXw605c
 
 
 
 
 
--------------------------------------------------
本メルマガ(ブログ)では、
maneoやLCレンディング、ガイアファンディング、クラウドリース、スマートレンド、アメリカンファンディング、グリーンインフラレンディング、さくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス、アップルバンクなど、
ソーシャルレンディングに対する投資の広告を行う場合がございます。

各サイトにおきまして、当該広告にかかる各案件のローン詳細並びにリスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資に際しましては
借入人の債務不履行により、元本に欠損が生じる恐れがあります。

ソーシャルレンディングにおける投資家としての出資の際には、各サイトにおいて表示しております「重要事項説明書」及び「契約締結前交付書面」等の内容を十分にご確認頂いたうえで、お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

[maneoマーケット株式会社]
 金融商品取引業登録番号:関東財務局長(金商)第2011号
--------------------------------------------------



Copyright (C) 2013 TakimotoKenji. All Rights Reserved / Powered by Genius Web